2016年 07月 18日 ( 1 )

高橋理子さんデザイン
萩原修さんプロデュース
岐阜の美濃和紙を使用したプロジェクトが「3120」です

そして紙を漉き〜印刷〜製品仕上げまでを
美濃にある古川紙工さん・九重製紙企業組合・安田紙工さんが
行っています

美濃和紙の歴史は1300年以上になると言われています

その歴史から生まれる
紙の存在を多くの人に伝え
価値を実感するための取り組みとしてこのプロジェクトが始まりました

「3120」  The Watermark Collection_c0200314_143817.jpg


ウォーターマークと呼ばれる透し模様入りの紙を作るには
高度な技術が必要となります
この透し模様のための型を開発するところから
「3120」のものつくりはスタートしたそうです

「3120」 の3と2を横にすると. . .「M I N O」という文字になります. . なるほど!


実際使ってみると
万年筆でも滲みにくく
書き心地も滑らか
実用的でありながら
とても美しい紙です

下記の商品が初入荷です

「3120」  The Watermark Collection_c0200314_1439176.jpg

Memo block 5×50
S 105×105㎜
M 148×105㎜( 洋2封筒に入るサイズ)
L 210×105㎜ (DL封筒に入るサイズ)
5種類の透し模様×50枚=250シート

「3120」  The Watermark Collection_c0200314_14393733.jpg

Memo block MONO
105×105㎜
100シート
ドット・ストライプの2種類
各100シート
by sonorite2009 | 2016-07-18 14:54 | 商品のご紹介

sonorité からのお知らせ


by sonorite2009